home > ブログ > すごく悩んでいるわけではないんだけど。

すごく悩んでいるわけではないんだけど。

 いつだったか、糸井重里さんと北野武さんの対談を読んだ時に
「流れは大事」という話題が出てて、
詳細は覚えてないんだけど「途中で修正すると、見てると分かるのよ。流れがね」
というようなことを言ってたんだよね。
それを読んで、その当時(つーても今年に入ってから)修正をしていた私は
ちょっと迷ったというか、止まってしまったというか。
まあ、今更なんですけどもさ。
気になった部分を直したり、削ったりして勢いやら流れやらが
止まっちゃってるんじゃないかなぁと。
私の書いてるのは完全に趣味のもので、自分のために書いてるようなもんだから
北野さんの言っているものとは全然違う立場ではあるんだけど。

 でもまあ、ぼけっと考えてて思ったのは。
『自分が書きたいように書けばいいじゃん』『気が済むまでやればいいじゃん』っていう
いつもと同じ結論だったのよね。
で、私はどうしたいか考えてみたら『気になる部分を全部直して、
とっとと2部書きたい』だったと。
1部の気になる部分を出来るだけ直してスッキリしたい。
(これも1部はとりあえず置いておいて、
2部を先に書いた方がいいのかっていうのもあるんだけどねー)
まあ、気楽に。気長に。
 
 
 ところで、修正してて思ったんだけどね。
あんまり長すぎるのも読みづらい……よねぇ?
いろいろと削って、エピソードをつなげられる物はくっつけたりしてるんだけど
その辺も考えなきゃいけないよなーと。
紙で読むなら、その辺は気にならないと思うけど
WEBで読むのはまた違うのよね。いまだに慣れないなぁ……(;´Д`)

古い記事

return to page top